十年一日 金印真贋って・・・その1

金印真贋って・・・その1

市の博物館が、国宝の金印「漢委奴国王印」のシンポジウムを某新聞社の後援?協賛で開いたらしいのです。
まっ、ニュースを見てそれを知ったわけですが・・・。
実質的には、金印が本物であるか偽物であるかって話が中心だったらしいのです。
古代史ファン考古学ファンってのは一定数いますし、世界遺産関連で耳目を集めやすい
ことだったので、成果があったという感じなのですけどね。

まぁこれで博物館への入場者数も増えるでしょうしよかったのかなと・・・。
でもまぁ、なんていうのでしょうか・・・途中から非常に不快になりました。
どうして所有している福岡市の博物館がこれを開くのかと・・・。
真贋疑わしいものだったら展示するなよって・・・。

私が中学生ぐらいだったと思いますが、九州歴史資料館てものが太宰府市にできました。
そこに、教科書にも載っている金印のレプリカが展示されていました。
志賀島で見つかったものなのに、現物は東京の国立博物館にあるのだとか・・・。
なんていうのかな、不合理というか不満というか、モヤッとしたのを覚えています。
それが、私が成人したあたりか、福岡市へ黒田家(福岡藩主)から寄贈されたのです。
後、織田信長が茶坊主を斬ったとかのいわくがある、へし切長谷部とか
超有名な国宝の刀なども送ってくれたのですよね。
明治時代初めから東京で生活していたのでしょうが、わざわざ福岡市へ、
なんて嬉しいことだと単純に喜んでおりました。
ましては刀などは九州とは無縁のものですしね。

そこで、例のシンポジウムなのですけどね。
せっかく東京の国立博物館に展示してあったものをわざわざ黒田家が取り戻して、
福岡市にプレゼントしてくれたものを、もらった福岡市が主催した真贋論争の
シンポジウムって・・・なんか再びモヤッとしたんですよね。
受け取った時期の福岡の職員はもう定年退職でいないでしょうが・・・。
もう福岡とはほとんど縁がないでしょうが、お殿様の子孫にとっては
失礼な話ではないでしょうかね?

また気が向いたら続きを書きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒衣(クロゴ)1号

Author:黒衣(クロゴ)1号
来年還暦です
( ´,_ゝ`)イヒ

好きな言葉:動いたら負け♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR