十年一日 病気の件

1日8本・・・♪


この小さい瓶8本と輸液500ccが1日のノルマです。
これが5日間続きますが、ようやく最終日ですな。
今現在、残り2本半というとこまで来ました。

ただ、血圧が上がるのが辛くって、180超えもしばしばあります。
医療費も莫大なはずですが、特定疾病ってことで・・・。
そこまでお国には貢献して居ませんけどね。
寝たきりにはなりたくも無し、吐き気を堪えて治療してます。
薬が聞けば良いけどな〜♪
スポンサーサイト

胃壁画像♪

胃壁画像
流石に、胃壁画像をイキナリUPすると差し障りあるかと思いましたが、
だれもみてないよねとも思うので、上げるかもしれません。

ようやく検査も終わって、散々ごねた挙句髄液検査も、
レントゲンと麻酔薬と超強力痛み止めの3点セットで
無事完了しました。
最初受けた時の簡単な髄液検査に比べたら、
なんと大掛かりな事なのでしょうかね。
透視しながら針の刺さり具合を確認しつつやるんだそうで、
病院においてある最長9センチの針を使ったそうです。
髄液を見せてもらいましたが、無色透明の水って感じでした。
やはり、私の心と同じなのでしょうね( ̄▽ ̄)

髄液検査そのものはあまり痛くもなく楽勝だったのですが、
その後が大変でした。
吐き気と眩暈で、実は今もまだ少しクラクラします。
簡単な結果はすぐ教えて貰えて、手足の神経の傷み具合は
それ程酷くないという事らしく・・・まぁ良くなるかどうかは
別にしても、手先足先の神経少しは生きてるっぽいですね。

来週からは治療に専念することとなりますな。
点滴のスタンド(?)とセットになって生活するようになります。
5日間連続というとちょっと鬱ですがね。
多分寝る間も繋ぎっぱなしだと思うので、お風呂の時ぐらいかな
点滴から解放されるのも。
免疫抑制剤とやらも使うらしくって、それが体に合えば良いのですがね。




入院生活三日目あたり・・・・。

大学病院は医学生ってのが付き物ですから、可能な限り協力は
したいのですが、学生以外にも、各検査などで同じ様な事ばかり
聞かれますので、いささかお腹いっぱいって雰囲気です。

胃の粘膜もチョコっと削るとかで、胃カメラも呑むらしいです。
私の病気にどう関係するのか分かりませんが、
乗りかかった船ってヤツですから、お任せするしかなさそうです。

木曜日は回診の日だとかで、今日の夜にかけて
見てもらうらしいです。

午後から廻ってるらしいのですが、私のとこへ来るのは夜の7時8時ぐらい?
入院患者何人居るんだと思いますな。
結構気に入ってるのが、ワゴン車が廻ってきて、嗜好品を売ってくれるらしい。
酒タバコは無いでしょうが、ポカリとかつい買ってしまいます。

昔、勤め先の事務所にヤクルトのお姉さんがやって来ると
ついつい買ってしまったのを思い出します。

生涯、5回目の入院生活です。
同年代で比較すると多い方かな?
でも、贅沢なんかせずとも、普通に生活できる有り難さを、感じてしまいます。
病院もずいぶん綺麗になりましたし、
患者本位の経営なんでしょうが、やはり健康で普通に生活するのが一番ですな♪

Q大に行ってきたよ♪

朝7時半に到着して、病院を出たのが16時半ぐらい・・・。
診察室に入ったのが都合4回。

血液検査とかMRIとか一切なしに、ひたすら体をいじられてました。
ま~つかれましたね。

今月末と来月初めに検査を受けて、来年入院予定です。
今度の入院は少し長くなるのかな・・・。

大学5年の男の子たちが勉強のため問診みたいなのを
やっていましたけど・・・。
大学病院にはつきものなんでしょうけどね。

検査の目的とか危惧してることとか、しっかり説明してくれたので、
まぁ納得の入院検査ではありますけど・・・。
気が重いこと・・・・( ´Д`)=3 フゥ

血漿交換?なんておどろどろしい療法の説明もあったりして・・・。
大変そうです。
10年近くこの状態が続いてきて、今更劇的な回復もないだろうし・・・。
あと、10年もたてば寝たきりって人も多い世代ではあるのです。
ただ願わくば、10年後も今とさほど変わらない状態であればいいかなとは思いますけどね。

今後3・4年で私自身が直接会社にかかわらなくても良い体制を作りたいのですが・・・。
言うは易し行うは難しってふいんきです。

ふんいきとふいんきって・・・。
紛らわしく・・・ないか( ´,_ゝ`)イヒ

鍼・・・♪

なんかもう全身やってもらいました。
膝のあたりは若干痛かったですけどね・・・。

以前は毛嫌いしていたんですけど・・・。
あまり入院しても改善も見られませんし、
まぁたまにはいいかなって感じでやってみました。

それで意外なことにちょっとだけ好感触です。
劇的に良くはなりませんが、ある程度楽に動けるように
なったような気がしてます。

あくまでも、そんな気がするってことですけどね。

今の病気では、脚の感覚が鈍くなって、骨折しても気が付かない等の記述を
見たことがあるのです。
私の場合は、足の裏に音叉の振動をあててもほとんどわかりません。
でも、今回足の裏にも針を刺してもらいましたが、結構痛いのです(>_<)
まだ、全部神経ダメになってるんじゃないんだなって・・・。

自覚ないまま10年近くこの病気と付き合っていますけど・・・。
来月からQ大病院です。
先生のメンバー表みてたら、中学時代の同級生の名前がありました。
多分向こうは覚えてないでしょうけどね(´Д`)ハァ…
同じ内科でも、内臓系の先生だったので会うことも無いでしょう。
白い巨塔みたいなとこですごいなーってただ感心。
プロフィール

黒衣(クロゴ)1号

Author:黒衣(クロゴ)1号
来年還暦です
( ´,_ゝ`)イヒ

好きな言葉:動いたら負け♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR