十年一日
FC2ブログ

DSC_1770 (6)
テスト
スポンサーサイト



おめでとう。

現在活躍されている、あるスポーツ選手のお父さん(故人)と一緒の職場にいたことがありました。

といってもごく短い数か月ぐらいのあいだでした。
そこは超ブラックの職場でしたけどね。

仕事終わりのひと時、雑談してるとよくご子息のことを自慢されていました。
当時は中学生ぐらいだったのでしょう。
頭も優秀みたいでしたが、当時からプロの選手を目指しているみたいでした。

お父さんそっくりのその選手を見ると、ビジネスホテルのロビーで
タバコを吸いながら息子のことを語る姿を思いだします。
その選手の経歴を見ると、勉強とスポーツを両立させながら、
苦労してプロの道にたどり着いたのが窺われます。

経済的に親の負担にならないようにするためか、無名の公立高校大学で競技を続けたのでしょう。
お父さんが自慢していた以上のすごい選手になっていますね。

消防自動車が殺到して・・・。


消防自動車が来た♪
先週のある日のこと、仕事が終わり家から少し離れた駐車場に車を止め
自宅へ戻ろうとしていた時のことでした。
遠くからサイレンが聞こえてきます。
その音はだんだん近づいてきました。

自宅方向へ目をやりますと、煙など上がっていません。
うちは関係ないなと思いつつ、ゆっくり自宅へ向かっておりました。
すると、赤い車両が次々と我が家方向へ続く坂を駆け上って行きます。
再び自宅マンション方向へ目をやりますが、異常は無さそうです。

自宅へ続く坂道まできますと、赤い車が渋滞しています。
心配しつつも何事と思い、消防車の間をすり抜けながら戻っていますと、
自家用車が停車しています。
前を緊急車両に塞がれ自宅へ戻れないようです。

消火栓に消防のホースが繋がれていますが放水はしていないようです。
坂道より降りてきた人に聞くと現場は私が住むマンションとのこと。
慌てて自宅に戻ろうとしたら、マンション内には消火ホースが伸びています。

それでも消防士さんも緊張して無さそうな雰囲気。
誤報なのかと思いつつ、ホッとして自宅の扉を開けますと、
我が家の中には誰もいません。
だがしかし、コンロには麦茶も入れるためのお湯が沸いております。

安全装置みたいなのついているのかもしれませんが、これってどうよ
と思いながら、沸騰するヤカン見ていました。

しばらくすると見物から戻ってきた社長を指導しましたけどね。
よーく考えると、火を出しても消火はすぐにしてくれるのかと
思いつつも、なんだかな〜って思いました。
正直に言うと、慌てて火の始末をせずに外へ見にいくって
ありそうな予感がしていたんですよね。


誤報の原因は超個人情報に関わることなので、もう少しほとぼりが冷めたら・・・。
でも、弊社我が家の火災保険を強化することにしました。
その強化が無駄に終わることを願って止みません♪

ハクビシンと遭遇・・・。

ハクビシン
写り悪いんですけどね・・・。
外来の害獣だそうです。
アライグマなどと同じように悪さをするようです。
郊外の田んぼで見つけました。

多分イタチ系じゃなくてジャコウネコ系だから、やるときはやるやつですから、
手は出さないほうがよさそうです。
木に登ったりもするようだから、カササギがちょっかい出してましたが・・・。
戦闘力は比較にならないはずです。
この田んぼもすぐに水が入るでしょう。
畔に巣穴的なものがあったようですが、どうするのかな?

以前のように仕事にかかわるようになり、そろそろ3か月ぐらいかと・・・。
大したことはしてないけど、疲労だけは当たり前にあるのです。
いつまで今のようなことができるのか、体と相談しながらですな。

平成30年の梅雨・・・。

DSC_1390 - コピー
病院などで生年月日をよく聞かれます。
本人確認のためだろうとは思いますけどね。

昭和って答えそうになりながら、つい西暦でいう事が多いのです。
平成に移って30年、その平成より以前の年号というと、
ことさら年を取ってしまった感じがするんですよね。

子供のころ祖父が明治生まれと聞いて、どれだけ大昔やねんと思ったんですけど・・・。
孫には同じことを思われるんでしょうね。

画像の紫陽花ですが、我が家から出かけるときは必ず通過する場所となります。
通る際、障害物になるため、嫌う人が多いんですけどね。
個人的には原付か車で通るわけで、確かに邪魔といえば邪魔なんですが・・・。
春先に枯れたように見える枝先に小さな若葉が芽吹き、季節とともにその葉が生い茂り、
花芽というか蕾というかつけて、それが徐々に色づいていく様を見るのは嫌いじゃありません。

紫陽花の生け垣は200メートルぐらい続き、
それが途切れると我が家のマンションの入口に続きます。

土日にはカメラを携えた人もちらほら見かけます。
でも、残念なことに花をごっそり持っていく人もいるようで、
私も一度目撃したことがありますが、あまり堂々としてたので
てっきり許可を得てやってるものだと思い込んでしまいました。
奇麗だと思って思わず持っていくのではなく、商品として使うようです。
奇麗なお店の中などに、季節の花として飾られるのでしょうが、何だか味気ないような気が・・・。

プロフィール

黒衣(クロゴ)1号

Author:黒衣(クロゴ)1号
来年還暦です
( ´,_ゝ`)イヒ

好きな言葉:動いたら負け♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR